「ほっ」と。キャンペーン

Mom & Sons Natural life

threesons.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大丈夫でした!

母が今日心療内科の診察を受けました。心療内科の受診は私も母も初めてで少し緊張しました。でも先生がとても笑顔の素敵な方で母の話をよく聞いてくださり、母も素直に自分のあった心の葛藤を先生に話すことができました。私はそばにいて聞いて、時折母が言葉につまったとき助けたくらい。原因について母は友人とのトラブルと話していました。
このことについて、多くの方から本当に励ましや経験談など多くのことを教えていただきました。そして、心の病がこんなにも身近なことだったということを知りました。幸い、母は軽症で自分自身の気持ちの切り替えが自分でできたようです。
また私の家族や主人の母も暖かく母を受け入れてくれて、そのことも母にとってとても心強かったようです。先日も書きましたが、今では一人で散歩、福祉センターのお風呂も行けるまでになりました。また得意の糠づけも作り始めて、おいしいお漬物が食卓に上っています。なつかしい母の味・・・何年ぶりでしょうか。
母を受け入れてくれた主人の家族そして私の3人の息子たち、主人にありがとう。そして多くのメッセージをくださった皆さんにこの場を借りて、心より感謝申し上げます。

最後に、もし何か悩み事があって、夜眠れない、何をしても楽しくない・・・と感じたら、躊躇しないで心療内科を受診されることをお勧めします。私たちが行ったクリニックは、ほかの科と別の待合室になっていました。診察室も2重扉になっていて、プライバシーは完全に守られています。お薬も今はいいお薬がたくさんあるそうです。病気が重くなる前に受診してください。自分自身と家族を守るために・・・。この世の中にあるたった一つのかけがえのない命ですから。You are the only one! 歌にあったかな?
[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-26 21:18 | 生活のこと

今日の出来事

今日は、午前中苗の植え込みをして、買い物をして、午後はインドアテニスに行きました。実は、雨で午前中のテニスの練習がキャンセルになったので、母が望めば近くの温泉にでも行こうかと思っていました。でも母曰く、”どこへも特に行きたくないから”とのこと。無理は禁物なので私は私の用事をしてと言われ、テニスに行くことにしました。雨で庭仕事も出来ないし・・・。
もう午前中に母と夕食のけんちん汁を作っておいたし、あとはサンマを焼くだけ。テニスを終えて夕方5時頃帰宅すると、母がうれしそうな顔で、”福祉センターのお風呂に一人で行ってこれたの”と。(福祉センターは自宅から歩いて5分くらいのところにあり、60歳以上は無料で入ることができます)
今まで外出は一人では出来なくなっていて、買い物も銀行の用事もすべて私に頼んでいた母が、今日は一人でお風呂にいけた!うわぁ、なんていう進歩~~ここのところ、体の調子も良さそうで、少しづつですが、良くなってきたような気がします。ただこの病はなみがあるとのことなので、また悪くなる時もあるでしょうが、気長にあせらずに見守っていきたいです。

また昨日、突然主人が仕事でも要るからと、最新型のデジカメを買ってきました。あゆが宣伝していたPanasonic製の手ぶれ防止機能がついた600万画素のもの・・・
こっちはもう1年以上、買うか買わないか迷っているのに、なんと思い切りがいいこと。でも貸してもらえるとのこと・・ありがたく使わせてもらうことにします。

そのデジカメで撮った1枚です。リシマキアボジョレーの芽。
c0073186_19253247.jpg

[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-24 19:29 | 生活のこと

苗ありがと!

nagiちゃんから、苗をいただきました。1年後、2年後がとっても楽しみです。nagiちゃん、ありがとうございました!
c0073186_956545.jpg



あとこれもまたnagiちゃんから頂いた種が発芽してきました。
c0073186_9514870.jpgこれは、セリンセ



c0073186_9524018.jpgそして、こっちは、バージニアストックです。そろそろ間引く作業に入ります。
[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-22 08:30 | ガーデニングのこと

アスターが咲きました!

まだ義父が元気だったころ、植木が好きで敷地の片隅に自分で石を並べて、工事で出た残土をひいて木を植えていた場所が敷地の中にある。私も家のまわりには目がいくが、なかなかそちらまでの世話ができないでいた。しかしながら、昨年の秋に、いらない木を処分して、雑草を抜き、土を耕して、腐葉土、堆肥、牛糞、米ぬかなどを埋め込んでおいた。そして、数年前に買ったアスターを株分けしてそちらに植え込んだ。植え込んでからちょうど1年弱、そのアスターが今満開に咲いている。

まだまだ要らない石、木の切り株などがあって、思うような花壇には程遠い。また草もやっぱり負けじと生えているし・・・。ただ、ここには、ミニトマト、ナス、しょうがなどの野菜も植えられる貴重な場所。夏野菜が終わったら、もう一度耕して、今度は何を植えようかなぁ?考えるのも楽しい♪

c0073186_1156396.jpg


Mewさんから頂いて土曜日に種まきしたホーリーホックの芽が早くも出てきました。ありがとう!
c0073186_11581064.jpg

[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-21 12:00 | ガーデニングのこと

交流会に行きました!

今日は、車で1時間と少しのところまでドライブして、テニスの交流会に行ってきました。でも少し約束の時間に遅れてしまい、ペアの方に申し訳なかったです。
交流会の開催時間は9時から5時まで。私たちは午後からの参加だったのですが、会場につくと、人がまばらで特に女性の姿があまりありません。結局、季節はずれの蒸し暑さでみなさん早めに帰ってしまったとのことでした。仕方なく残っている方にお願いして2ゲームして、一勝一敗の成績でした。
今コーチにボレーを習っているので、いいボレーがしたかったのにどうも真ん中にあたっていないのか、いいボレーができませんでした。それでもがんばって前に出て、何本か決めました。先週の火曜日のレッスンのときは、すこぶる調子が良かったのに、今日は△・・・。基礎の練習をもう少しできればいいのですが、なかなか時間があうペアもいなくて、そのことが残念です。
でもまぁ、少しづつ前に向かってがんばろうと思います。

無理にお願いして市民大会に出ていただくことになったKさん、貴重な時間を使ってテニスにご一緒くださり感謝します。ありがとう!
[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-19 19:53 | テニスのこと

Thank you, everyone!

母のことで、多くの方から励ましや経験談などを暖かいメッセージを掲示板、ブログ、メールをいただきました。そのメッセージに私自身が勇気を頂き、またがんばりすぎないように、自然体で状況を迎えられるようになってきました。最初は、母の具合も最初の2日間だけ良かっただけであとは芳しくなく、私も気がせいていたし、不安感でいっぱいでした。
でも多くのメールやメッセージで、みなさんの周りでも多くの方がこの病と向き合ってきていることを知り、また母に笑顔もみれるようになって、私の不安感も自然となくなりました。
26日の受診までまだ少しありますが、これまで通り自然体で母とそして家族と過ごしていきたいと思います。本当にどうもありがとうございました。

さて、暑さのあまり、このところ、また庭のことがおろそかになってきています。でも35度もあっては・・・。早く涼しくなって、秋バラの季節に備え、消毒などの手入れをすすめたいものです。

今日は、庭に今一番すごい勢いで咲いているへブンリーブルーをお届けします。
c0073186_1329108.jpg

[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-14 13:30 | 生活のこと

種まきと苗の植え付けをしました

今日も朝から晴れて暑い日でした。昨日鉢を買いに行き、今日は、きのこちゃんから頂いたバラの苗と花の苗の植え付けをしました。大きくなぁれ!と声をかけ3-4日日陰に置いた後、日当たりの良い場所に移動する予定です。
来年の春、きれいに咲いたらうれしいです。きのこちゃん、ありがとう~~

それから、午前中にもうひとつ仕事をしました。種まきです。今回はnagiちゃんから頂いた種とMewさんから頂いた種を蒔きました。母を誘って”この種が成長して花が咲く頃、ママも元気にきっとなるよ”と声をかけ、種まきも母にしてもらいました。
実家からこちらに来て、2日ほど体調の良い日が続きましたが、そのあとは、どうも気分がすぐれないようです。だから、夕食も母の希望のものを用意し、生活も無理しないように言いました。やはり、この病気はいいときと悪いときとあるようです。まだ診察も受けていないので、自己判断は禁物ですが、体調が元に戻るまでは、かなり時間がかかりそうです。

最後にNHKのBSで放送されていた”ターシャの庭”を途中からでしたが、見ました。彼女は90歳。1年の半分を雪で覆われる厳しい自然の中で暮らしています。彼女は春をミラクル(奇跡)だと言っていました。長く苦しい冬を乗り越えて迎えるすばらしい春。それは人生でもいえることだと。苦しい時を乗り越えてこそ見えてくる次のもの、それは人生そのものだと。そしてわくわくして待つこと・・・それが楽しいんだと。
母もこの苦しい時期を乗り越えて、すばらしい春が来ますように・・・・
[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-11 20:09 | ガーデニングのこと

心の病

月曜日仕事中にに急に母の友達から私の携帯に”お母さんの具合が悪いので連絡ください”とのメッセージが留守録に入り、急いで母の自宅にかけるが電話がいくらかけても通じず、すぐ出かけるにしても家族の食料だけはとスーパーにいって3日間分くらい買い物をして、冷蔵庫に詰め込み、家でくつろいでいた息子たちに事情を話して、実家へと急いだ。
途中で連絡がつき、どうやら体の病気ではなくて、うつの症状らしいことがわかった。母は5月に近所でもう数四十年以上付き合っていた親友をがんで亡くし、相当まいっていた。そして次男がお世話になって少し元気になったが、夏休みで次男がこちらに帰った寂しさと夏の暑さで食欲が落ち、体がおもうように動かなくなってしまったらしい。その具合が悪いときに、こちらに連絡してくれればすぐに迎えにいったのだが、遠慮があったのか近くの別の友達に電話して助けてもらっていたとのこと。そのお友達にはまことに申し訳ないのだが、母は助けは頼んだものの、その人との人間関係にも疲れていたようだ。彼女は母より15歳くらい若く、経済的にはとても裕福で大学も世間で言うお嬢様の学校を出ている。ご主人は仕事の関係で数ヶ月留守する生活で、子供もいなく時間がフルにある方。俗にいう、世話好きの大変いい方なのだが、話が一方的に機関銃のように話すので、こちらが間に入ることができない。それも命令口調。相手の状況とかを考えずに一方的に話すのだ。私ももうこちらに戻ってから2度ほど電話を受けたが、最低20分話を一方的に聞かなくてはならない。母はその方との会話に疲れるらしく、ちょうど部屋で休んでいるときであったので、電話を取り次がず、伝言という形にしてもらった。

母の症状は、こちらに来てから落ち着いたもののまだやや不安定な部分がある。例えば、月曜日車の中で心療内科の受診を了承したのに昨日になったら、初めて聞くようなそぶり。私は何でもないといい張る。
でもさいたまにいたときは、食べ物を戻したり、動悸がしたり、お風呂も1分くらいしか入れない、何しろ一人でいるのが怖くてその友達に来てもらい、夜も泊まってくれと頼んだり。当日も朝の9時過ぎから彼女に電話したとのこと。私が行ったときは、母の妹も来てくれて、少しおちついていたけど、叔母がきたときは、顔も相当ひどかったらしい。

うつは、誰にでもなる心の風邪のようなものと聞いたことがある。まさか、自分の身内がそのような病気にかかるなんて想像できなかった。そして、昨日から今度は受診できる病院探しをするが、どこも最低1ヶ月以上予約が出来ない。あるところは年内もう予約でいっぱいとのこと。こんなにも心の病にかかっている人が多いのか・・・・驚きと同情と複雑な気持ちになった。
運よく今月末にキャンセルが出た病院があり、テニスの予定をキャンセルして母を連れて行こうと思う。

しっかりしなさい。がんばって。の励ましは禁句らしい。暖かく見守ってあげよう。
[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-07 12:02 | 生活のこと

きのこちゃんからのギフト

今日は、実にいろんなことがあって、ちょっと疲れて帰宅した時に、チャイムの音。何かな?と思って出てみると、ゆうパックのお届け物ですとの答え。一瞬にして”きのこちゃんからだー”と思ってうれしくなりました。
とても大きな箱の中にたくさんのプレゼント。苗と種と手作り石けん。石けんと苗はきのこちゃんの手から作られたものです。種は多すぎるので分けてくださったそうです。送料だけでも大変な負担をさせてしまったかなぁ・・・
大切に大切にします。本当にどうもありがとう~~

それから、昨日でまた歳をとりました。でも健康で迎えられる誕生日、みんなに感謝して過ごしています。まだまだ未熟者の私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

追伸 長いこと長男と冷戦中でしたが、昨日のテニスの試合の応援で仲直りしました。ジュースおにぎりの差し入れ、ラケットを貸してあげたり、私の友達も応援してくれたりして、格別”こういうところをなおしなさい”と言ったり”ごめん”を聞いたわけではないけど、ふつうの関係に戻りました。親子ってやっぱり親子なんですよね。不思議だけど?

c0073186_21403384.jpg

[PR]
by mitoyothidemasako | 2005-09-05 21:42 | 生活のこと