Mom & Sons Natural life

threesons.exblog.jp
ブログトップ

息子のホームスティ

今、長男の希望に沿って、夏の海外ホームスティを計画中です。きっかけは、やっぱり2002年に行ったアメリカ旅行かな。大学に受かったらもう一度行きたいと話していました。

夏の短期海外留学は、多数の会社で取り扱いがされていますが、そういうプログラムでいくと、ほとんどは団体旅行なので、英語を話さず日本語で終わってしまう、またホームスティ先の家族とうまくいかないなど、その滞在するファミリーによってやはり少なからずいろいろあるようです。
実は、私も高2の夏にワシントン州Yakimaという小さな町のFamilyのおうちに3週間ほどお世話になりました。決して裕福とまではいかないおうちでしたが、子供たちのしつけがよくて、お母さんもお料理が上手だったこともあり、毎日楽しく過ごすことができました。特に何もない田舎なので、午前中は、短大のキャンバスで英語の勉強、午後は自宅のそばのプールで泳いだり、アクセサリーを作ったり・・・日本人の女子高校生3人が一緒に滞在したのですから、もちろん日本語がほとんどという生活で。ママに英語を話しなさいと何度言われたことか(笑)

さて、話を本題に移しましょう。そういうこともあり、今はインターネットという便利なツールがあり、Homestayで検索して、いろいろなサイトを見てまわりました。それで、ほぼ滞在先を決めて、メールを書き、OKのお返事を頂きました。ほっ(笑)
あとは、本人にバイトがんばってもらって、パスポート取得(以前のは切れてしまったので)航空券、滞在費等をためてもらうだけ。本当は全部自分でやった方が本人のためなのですが、任せておいたら大学の2年間が過ぎてしまい、就職活動も始まる秋の前に最後の機会と思って、親の私がおせっかいにも手助けしています。
でも自分にとってもアメリカで過ごした1ヶ月はとても思い出深いものだったし、今でもその期間は人生の大きな宝物でもあるので、それを息子たちにもという思いが常にあったからです。

渡米は8月中旬のお盆のあとの予定。日焼けして元気に目を輝かせて帰ってくる姿が目に浮かぶよう・・・それが私の願い?かな。でも行ってもいないのにまだ早いですね!

滞在予定のPortland, Oregon
c0073186_2234842.jpg

[PR]
by mitoyothidemasako | 2007-02-23 16:59 | Etc